生活で起こる可能性がある病気!PLDDの治療実績は約1800件

汗に悩まない

多汗症を改善させる施術種類とは

多汗症を改善させることのできる施術の種類にはマイクロ波やレーザーによる治療、ボトックス注射や外科手術があります。マイクロ波やレーザー、ボトックス注射は治療時間が短く、ダウンタイムも少ないことから多汗症治療を気軽に受けることができます。特にボトックス注射は注射をするだけの施術なので気軽に受けることができますが、効果の持続期間が4ヶ月〜9ヶ月程度と効果が限定的です。マイクロ波やレーザーは持続力が1年以上続き、施術時間も1時間程度で効果的な施術方法です。外科手術は多汗症の原因であるエクリン腺やアポクリン腺を取り除く手術で、効果は半永久的ですが、手術後のダウンタイムが1週間以上なので、安静期間が1週間以上取れる方に向いている施術です。

施術を上手く利用して多汗症と付き合う

多汗症の症状がある方は、特に夏場などはワキ汗が目立たない服などを着るなどして、この症状に対して工夫している方が多くいのではないでしょうか。この症状はそのままにしていても改善できる症状ではないので、日々の工夫で上手く付き合っていくことが大切です。外科手術を行えばこの悩みからも開放されますが、仕事や家事が忙しく手術を受けることができないという方もいるのではないでしょうか。しかし、マイクロ波やレーザー、ボトックス注射などの施術は完全にこの多汗症から開放されるわけではありませんが、数ヶ月〜1年以上この症状から開放される施術です。その期間は、この症状を気にせず生活をすることができます。多汗症でお悩みの方は一度お手軽な施術を受けて、この症状から開放された生活を送ってみてはいかがでしょうか。