生活で起こる可能性がある病気!PLDDの治療実績は約1800件

歴史が長い

郡山青藍病院の歴史のこと

医療法人青心会郡山青藍病院は奈良県の大和郡山市にある病院です。内科や循環器内科、消化器内科などの各種の診療科があります。 郡山青藍病院は昭和59年の3月に開業した病院です。この病院が開業した当初、目標とされたのが緊急患者に関することです。当時は奈良県に住んでいる人が緊急患者となった場合でも、奈良県以外にある病院に搬送されるということもありました。そうした状況を改善できるようにこの病院では、奈良県の緊急患者は奈良県で受け入れるという言葉を合言葉にして、医療活動を行ってきました。 その後平成18年には、郡山青藍病院は100床の一般病棟と、40床の医療療養病棟を持つ病院として新しく生まれ変わっています。

今後はどのように発展していくか

郡山青藍病院は地域でこれからもますます発展していくと期待されています。この病院では今までも多くの緊急患者を受け入れてきた実績があることから、今後もより多くの緊急患者を受け入れられるような体制作りを行っています。 そのために郡山青藍病院では医療療養棟という病棟を新しく設置しています。これにより患者の病状により適切に対処して、医療活動を行える体制がより確立されています。 郡山青藍病院ではさらに地元である大和郡山市の住人から、今まで以上に信頼される病院になることも期待されています。そのためにこの病院ではより地域に根ざした病院になれるように、スタッフが全力で医療活動に取り組んでいくことを目標に掲げています。