生活で起こる可能性がある病気!PLDDの治療実績は約1800件

今後に動きに注目

今後の動向についての予測

もうすぐ花粉症を持っている方にはつらい季節がやってきます。今年は昨年の2014年よりも7倍多い花粉の飛散率だそうです。それを聞いただけでもどんよりと嫌な気分になってきます。スギ花粉の飛散も今年の予想では暖かくなるのが早いため、花粉の飛散も早まる傾向だと言われていましたが、また寒気が流れ込んだために少し遅くなっているようです。本格的スギ花粉の飛散までに予防をしておきたいものです。風邪と違って長期間にわたるのですから、鼻炎や目のかゆみなどの症状を緩和するような準備をしておきたいものです。最近では小さい子供のころから何らかの花粉アレルギーにかかっていると聞きますが、子供の花粉症から来る鼻炎はかわいそうです。薬を飲めないお子さんのためには、乳酸菌の摂取やバラ科のお茶である甜茶やシジュウム茶など摂取した防ぎたいものです。

注意するべきことや気をつけるべきことなど

耳鼻科や内科などの病院ね行けば薬は処方してくれますし、鼻炎が酷ければ耳鼻科で鼻の洗浄や咽喉の吸入などしてくれますが、いったん外に出ればまた花粉の攻撃にさらされるわけです。大人の場合であればマスクやメガネなどで顔を覆い、また服装もナイロン系の花粉がくっつかない素材のものを選んで家の中まで持ち込まないようにしましょう。一緒にいる子供にも同じようにしたいものですが、なかなか難しいでしょう。できれば薬も併用して早めからの甜茶やシジュウム茶などを続けて、花粉からの鼻炎にそなえましょう。最近はサプリメントになった甜茶や乳酸菌もあるので、お菓子感覚で服用するのも良いかと思います。まずは家の中に花粉を持ち込まない、そして鼻炎や目のかゆみが酷くならないためには、免疫力を上げてサプリメントやお茶を飲んだり、出来れば病院へ行くようにしましょう。